poulpemedia.com

Contents

道徳の教育の難しさを痛感しています

英語の教育は何歳から行うのがいいか 現在、民間の施設で専任のスタッフとして、子どもたちの教育に携わっています。ニュースや新聞を見ていると、いじめによる事件が増えてきているため、子どもたちには他人の辛くて、寂しい気持ちなどをしっかりと理解できるような優しい大人になってほしいです。そのために、道徳に関する教育に力を入れていきたいです。

しかし、なかなか難しいことです。どんな教材を利用していても、実際に身につくような知識ではありません。道徳は、生きていく中で少しずつ成長しながら、身につけていくことが大切です。現代の子どもたちは、インターネット社会に生きているため、サイトを利用した陰湿ないじめを簡単に行ってしまいがちです。

被害者の立場に立って、しっかりと物事を考えられるような大人になってほしいです。そのことから、日常的に友達だけではなく、スタッフとのコミュニケションを大事にしています。会話をすることによって、子どもたちの様子を把握することができます。その会話の中で、道徳に関する話題を取り入れながら、教育を行っていきたいです。