poulpemedia.com

Contents

学校の教育と親が行うべき育児に関して

英語の教育は何歳から行うのがいいか 昔から幼稚園、学校は教育を、受ける場所と考えられてきました。しかし、時代は変わりその古い考え方を施設側は守り抜きますが、実際に施設へ通う子供、通わせる親の状況は昔とは全く違います。教育側はそれに対応すべく苦難の日々を過ごしています。学校への非難、例えば体罰、不公平など、親が学校へ言ってくるクレームは絶えませんが、親は子供になにもしなくてもいいのでしょうか。毎日ご飯を上げて育てていく中に教育という部分は全て学校任せでいいのでしょうか。

その部分だけが疑問となり、教師も人間です。ストレスで潰れ退職、そして教師を目指す若者も減り、どこの学校も人手不足です。子供の口からPTAに言うよなんてことが出てくるとなると、親がそう教えなければ出てこない言葉です。見直すべきは親の考え方かもしれません。親側が学校側ときちんと連携をとって、歩み寄ることで初めて子供にとってちゃんとした学ぶ環境が整うわけで、どちらかが押して押される関係性では、子供はそれを真似し、学ぶ環境というものは構築できません。